【長崎県】大村店・諫早店 市民葬儀相談センター便り 第46号

 

ひとりごと 出口のコラム

雪に不慣れの長崎県民が何十年振りかの大雪に振り回された1月末。自然界の猛威に攻撃体制どころか守備体制さえとることができないダルマさん状態。人間にとって天災ほど怖いものはなく防ぎ様がないものはないと痛感させられた。でもそんなものはお構いなしで雪ともなれば大はしゃぎで雪合戦や雪だるまを作るのが定番だった私の子供の頃…大人になり一家を預かる身になれば、やれ水道管破裂のための貯水だの、仕事場への通勤だの…わずらわしい事だらけだ。そんな現実から逃避し私も時に子供に戻り、何も考えずに雪と戯れたい。。。と本気で思う(笑)。自然と戯れることは情操教育には不可欠なもので今回のように雪が積もれば雪はフワフワしているもの…凍えそうになる位冷たいもの…握り締めると溶けるもの…小さい子供さんに体で感じさせて頂きたいと思います。子供の頃の体験は大人になっても昨日のことのように覚えているもの。大人になれば薄汚れた物の事も必然的に身について行くが子供のうちにきれいな錆びない記憶を1つでも多く作って欲しいものだ。そしてそこには必ず親御さんの温かな愛情が背景にあってほしいと願う。

いさはや

3月15日(火)法事料理バスツアー

3月17日(木) 葬儀マナー&朝食試食会

おおむら

3月4日(金) 個別相談会

3月15日(火)エンディングノート教室

 

諫早営業所 

山口朋子(社歴18年)

子育ても終わり子供も結婚し孫もでき子供心、親心、ばぁば心もわかる気になりました。皆様との思いも共有していければと思います。

大村営業所

末次麻美(社歴9年)

笑顔と感謝を心に・・・お客様から親しみを持って頂けるように頑張ります。

 

市民葬儀相談センター 電話35-5070

3月の店休日

5日(土)・6日(日)・11(金)・12(土)・13(日)・20(日)・21(月)・27(日)

相談センター便り第46号