【長崎県】市民葬儀相談センター便り 第48号

 

ひとりごと 出口のコラム

街の中がピンクに染まる1年に1度きりの桜のシーズン。この時期は外せないという思いで夜桜見物に繰り出した。生まれ育った地元は桜の名所で有名で境内の中にある中学校で多感な時期を過ごした私。幼い頃からここの桜を見て育って来たが、林の中に所狭しとそびえ立ってた桜の木は寿命60年で木に苔が生え、その苔が木を埋め尽くしたら、まさに寿命で伐採するそうだ。人は60才で還暦を迎え赤ちゃんに戻り第二の人生の旅立ちとしてお祝いをする。赤ちゃんに戻るなら80才の方はまだ20才!(まだまだ是から・・・)ピンク色の町並みは心が和らかになり、それが過ぎれば鮮やかな緑に包まれ、それも過ぎれば金色に包み込まれる。四季のある日本に生まれたのだから生きている以上、楽しんで観覧できる心の余裕を持ちたいものだ。桜の木を踏み倒して写真を撮る映像を目にしたが日本人である以上、この自然を大切にする義務がある。

 

いさはや イベント案内

5月7日(土)人形供養祭

5月17日(火)葬儀マナー&朝食試食会

5月21日(土)ワンコイン法事料理試食会

おおむら イベント案内

5月23日(月)葬儀費用勉強会

諫早営業所

高山則子(社歴12年)

”会員で良かった”と言って頂ける様に・・・笑顔と感謝の気持ちで是からもお客様を大事にして行きたいと思います。

大村営業所

野林真弓(社歴8年)

会員の皆様と是から会員になって下さる方のために頑張ります。

市民葬儀相談センター

電話 35-5070(担当 出口)

5月の店休日

1日(日)・3日(火)・4日(水)・5日(木)・7日(土)・8日(日)・14日(土)・15日(日)・22日(日)・29日(日)

相談センター便り第48号