【長崎県】東長崎店 お客様係紹介

1・東長崎店のチャームポイントは?

「TV」の「カステラ」の宣伝に出て来る「長崎街道」の宿場町(矢上村)に在ります。 「国道34号線」と2方向に面する「東長崎店」です。

お隣には、「長崎市役所」の支所(東長崎支所)が在り、 「国道34号線」をまたいで、前面には長崎の銀行街が(十八銀行・親和銀行)在ります。

20M先には、「八郎川」があり。今の季節には、地区の皆様より提供された「こいのぼり」が 「さわやかな5月の風」に仲良く、時には「コンガラガッテ」たなびいております?!。

「東長崎地区」の「メインストリート」?!に「東長崎店」が在ります。

2・印象のある相談内容

「市民葬儀相談センター 東長崎店」がOPENして、早いもので1年と6か月が経ちます。 そのOPENしたての頃の「お客様」の「ご相談」です。

来店されて。

第一声の言葉が「明日には、入院します。(医師より「ガンの転移」がみられると診断が下りた)自由に動けるうちに、 この地元に新しい斎場が出来るのであれば…。」と

ご自身と、ご主人様(介護施設に入所中の夫)の2人分をと、「互助会」を準備されました。

そして1年余りが経ち・・・…。

昨年「東長崎メモリードホール」がOPENする、直前2日前に、長男様より「報」が相談センターに届けられました。

事前に「見積り・内容が知りたい」と長男様より「相談予約」を頂いていました。その為、上司に「何日より施行が 受けられますか?」とお伺いを起てていたところでした。

時・すでに遅し……。

最初、来店された奥様(ご自身)の「気丈さ」にも驚かされましたが、「私にも、その時にもっと何か出来る事があった。 のではないか?」と大変、悔やまれました。 これからは「一期一会」を大切にして、お客様一人一人に「細心の心がけ」にて対応して参りたいと心より想いました。

3・メッセージ

どの様な「ご相談」でも親身に成って お答えして参ります。 お気軽にお立ち寄り下さいませ。

市民葬儀相談センター 東長崎店

金子陽子・・・昨年の12月に初孫が生まれました。