お急ぎの方はこちら 資料請求・お問い合わせ

市民葬儀相談センターについて

相談できること

葬儀費用の目安 エンディングノート ペット葬 お近くの葬儀場を探す お客様係ブログ 生前・死後の問題解決フローチャート

喪中見舞い

喪中見舞いとは・・・

喪中はがきを頂戴したら、すぐにお悔やみの心をお伝えしたいものです。
「喪中見舞い」として、贈答用お線香にご家族への慰めと励ましのお手紙を添えてお送りすれば、哀悼の意がさらに深く伝わります。

お盆の期間

「お盆休み」と言われ8月半ばの大型連休が定着している最近では、『お盆は8月』だと思っている方も多いようです。地方によっては『お盆』の時期が異なっていることをご存知でしたか?

7月盆(新暦)…7月15日頃中心
東京・横浜の旧市街地・函館・金沢など
8月盆(新暦)…8月15日頃中心
全国的に多く見られる
北海道・新潟・長野・関東・関西地方
旧盆(旧暦)…旧暦の7月15日頃
新暦での日程は年により異なります。

年間行事や地域により旧暦と新暦が長く使いわけられてきました。
お盆も「8月盆」が定着してきたのは戦後になってからですが、風習は決して全国同じではなく、地域や時代ごとに特徴あるものとなっています。

先祖を迎える準備

お盆とは先祖の霊があの世から帰ってきて家族と一緒に楽しいひとときを過ごし、また帰っていくという日本古来の信仰に基づく行事です。お盆にはお寺の僧侶が檀家を回ってお経をあげます。(檀家の多い場合はお寺にて合同の読経)僧侶については、何軒もの檀家を回る場合が多いので無理にもてなすのは避けます。
読経していただいた僧侶には「御布施」と会食を辞退した場合は「お膳料」僧侶を自宅に招いた場合は「御車代」を包みます。お布施の金額の目安は、寺院や地域により異なりますが、だいたい2万から3万円くらいといわれております。

このページのトップへ

運営会社 | プライバシーポリシー |  サイトマップ | 福岡 葬式