お急ぎの方はこちら 資料請求・お問い合わせ

市民葬儀相談センターについて

相談できること

葬儀費用の目安 エンディングノート ペット葬 お近くの葬儀場を探す お客様係ブログ 生前・死後の問題解決フローチャート

毎日供養(線香・蝋燭・お花など)

お線香のお話

線香の起源は、推古天皇3年(595年)に淡路島に香木「沈香」が漂着したのがはじまりとされています。

なぜお線香を供えるのか?

お線香をお供えすることは、香煙を通じて仏様とお話しすることであるといわれています。
自分の身を清めたり、仏様の食事といった意味合いもあるようですが、なによりも、よい香りで心を落ち着けて仏様と向き合うことに大きな意味があるといえます。
仏教では、人が亡くなって来世の生を受けるまでの間が四十九日(七十七日)までといわれておりこの間は、お線香を食物とするそうです。次に「生」への体を養うため、仏教の教えでは魂のよい霊は「妙香」を、悪い霊は「悪香」を食べるとされています。
ですから、昔の人は「早く新しい生を受けられるように」と四十九日まで線香を絶やさず、「よい魂に生まれ変われるように」と少しでもよい線香をあげていたといわれています。

今は利便性を考えて「お線香」ですが、元は香り・煙をだすための「香木」といわれていました。
線香は、一度火をともすと燃えつきるまで芳香を放ち続けることから、命あるかぎりの仏さまへの信仰と、自らがものごとを行うとき努力し続けることをあらわしています。 また、線香はよい香りを放って、時と所の不浄をすべて清める徳をもっています。ですから身体や心の汚れをはらい、清浄な心で仏さまにお参りするために線香を焚くのです。

最近ではいろいろな種類の線香があり、香りを高めたもの、煙をおさえたもの、長時間香りを漂わすことができるものなどがあります。

お線香

線香は、通常1〜3本立てますが、正式には宗派により異なり、浄土宗・臨済宗・曹洞宗・日蓮宗は1本、天台宗・真言宗は3本となっています。複数本を立てる場合は、まとめて立てるのではなく1本ずつ立てるようにします。また、浄土真宗では1本の線香を3本に折って、横にねかせて焚きます。
お線香やロウソクの火を消すときは、手であおいで消すのが礼儀とされています。

お線香の種類

線香は、主な原料によって「杉線香」と「匂い線香」の二種類があります。

杉線香
杉の葉の粉末を原料に製造されます。
杉特有の香りのする煙の多い線香で、主にお墓用線香として使われます。
匂い線香
椨(タブ)の木の樹皮を粉末にしたものに、白檀(びゃくだん)や伽羅(きゃら)といった香木の粉末や他の香料、炭の粉末、その他の材料を加えて練り、線状に成型・乾燥させたものです。広く家庭や寺院で使われている線香です。現在では、匂い線香もさまざまな香りの物もあり、煙の少ない線香などやお香としてさまざまなライフスタイルや癒しの香りとして利用する用途により異なるものもあります。

最近では、微灰・微香、煙の少ない新機能の線香がもてはやされています。

楽しい蝋燭

楽しいロウソク

もっと身近に、もっと気軽にご供養していただきたい。
そんな想いから、故人を思い出させてくれる物や好きだった好物をロウソクに仕立てた好物ロウソクが今話題となっています。

可愛いロウソクを手に取って、命日やお彼岸などのお墓参りはもちろん、仏壇での日々の供養にもお使いいただければと思います。

楽しいロウソク

「毎月お花を届けたい」―月命日にお花を贈りませんか?

命日とは故人が亡くなった日のことをいいます。忌日とも呼ばれます。
命日にはお亡くなりになられた日にちで毎月供養を行う「月命日」と、お亡くなりになられた月日で
年一度の供養を行う「祥月命日」があります。

毎年巡ってくる命日(月日)のことを指します。故人がなくなった日であり、同時に故人が仏さまに生まれ変わった誕生日であるとも考えられています。

四十九日法要までは、白を基調にしたアレンジ花や花持ちする胡蝶蘭などを送る方が多くなっています。
故人が好きだった色花や洋風のアレンジにして飾ることもちろんできます。

仏壇にお花を供えるときの気をつける点は?
仏壇にお花を供えるときの気をつける点は?

本来、お仏壇にお花を供える意味は、美しい色かたちのお花で、仏の世界をさらに高めようとする意味が含まれています。そのため枯れかかったお花をいつもでも飾りっぱなしにしておいたりすることはよくありません。
お花を供えるときは、こまめに水を取り換えたり、給水し、お花を長くきれな状態に保てるように努めるべきといえるでしょう。

そのようなお花の手入れをすることで、ご先祖様への供養の気持ちや仏の世界を身近に感じる心を常に持つことに繋がるといえます。お花は自然の変化によく耐えるという特性から、お花を供えるのは忍辱行(たえしのぶこと)を表すものとされています。

仏壇や仏前にお花を供えるときは、表側を礼拝する人のほうに向けます。これは花というものは仏の世界の存在であり、仏壇に向かった人が、その花を目にすることにより、心を清めるためのものだからです。

このページのトップへ

運営会社 | プライバシーポリシー |  サイトマップ | 福岡 葬式