ペット葬

ペットも大事な家族の一員

ペット葬

ペットは大切な家族の一員です。人間と同じように手厚く供養をし、火葬、埋葬をしたいという方が増えています。
人間の言葉は話せませんが、一緒に暮らしていれば家族も同然です。癒してくれたり、勇気をもらったり・・・かけがえのない存在です。
しかし、ペットも限りある生命です。人間と同じようにいつかは“別れの日”が来てしまうのです。

ペットを亡くしたら

法律上、ペットを亡くしたらモノとして扱われますので、死体は「一般廃棄物」として扱われます。住んでいる自治体に依頼すれば引き取ってもらえますが、燃えるごみと同じ扱いになるところが多いようです。
しかし、家族の一員であるペットが「ゴミ」として扱われることに抵抗のある人は多いと思います。やはり、「家族」であった以上丁重に供養をし、火葬、埋葬したいと望むのではないでしょうか。

ペット葬もいろいろ

かつては、家に土地がある場合はそのまま土葬することが多かったのですが、最近は民間業者等に火葬してもらう方が増えてきました。これが「ペット葬」といわれるものです。
公営、民営の火葬場や寺院でペット専用の火葬場を設けているところもありますが、移動式火葬車(車内に火葬炉を積み、自宅の近くで火葬)で出張する業者もあります。

ペット葬もいろいろ
埋葬の方法

火葬後は遺骨をどうするか?ペット専用の霊園もありますが、最近は「ペットと一緒のお墓に入りたい」というニーズに応えた、飼い主とペットが一緒に入れるお墓も徐々にできているようです。
また、遺骨を手元供養として小さな骨壺に入れて家に置いたり、専用のネックレスなどに入れて身に付ける方もいます。

大切な家族の一員であるペット、その遺骨も大切にしたいですね。人間のお墓をあらかじめ決めておくのと同様、埋葬方法についても調べておきたいものです。

ペット葬やお墓については、お近くの市民葬儀相談センターにご相談ください。

ペット保険

市民葬儀相談センターはペット保険の代理店です。

ペット保険はじめました!
このページのトップへ

運営会社 | プライバシーポリシー | サイトマップ