お急ぎの方はこちら 資料請求・お問い合わせ

市民葬儀相談センターについて

相談できること

葬儀費用の目安 エンディングノート ペット葬 お近くの葬儀場を探す お客様係ブログ 生前・死後の問題解決フローチャート

香典返し

香典返しとは

香典返しとは、忌明け(一般的には四十九日の法要後)に行うものです。
現在では、お通夜、葬儀、またはお参り時にいただいた香典に対するお礼という意味が強くなっています。まず相場ですが、だいたいいただいた金額の半額から3分の1程度とするのが一般的です。 10,000円いただいたら5,000円程度の品をお返しするという感じです。ただ地方によっては半分以上お返しするところもあります。

品物と一緒に挨拶状や礼状を同封するのも一般的です。香典返しをする時期ですが、忌明けの法要が終った後にすることが通例です。

法要は、五七日、四十九日(七七日)のどちかになると思いますが、一般的には四十九日で法要を行うことが多いですので、それに合わせて用意します。 品物を包む際の熨斗(のし)ですが、関東では黒白の水引きを使い、のしの表書きを『志』とするところが多いです。関西では、黄白の水引を使い、のしの表書きを『満中陰志』とすることが多いようです。

当日返しとは

当日返しは葬儀の当日にお香典返しを行うことをいいます。葬儀の受付でお香典をいただいた方に対して、その場でお礼の気持ちを込めて引き物をお渡しするのが「当日返し」です。

当日返しの場合は金額に応じた商品を選ぶのではなく、全ての方に対して同じ商品を渡します。一般的には1,000〜3,000円程度となります。

当日返しのメリットは?

当日返しのメリットには

  • 香典返しの準備に時間をとられない
  • 挨拶状や送料などが掛からない
  • 住所の間違いや返し漏れがない

などが挙げられます。

ただし高額のお香典を頂いた方に対しては、忌明け後までにあらためて香典返しをする必要があります。 その場合は葬儀当日にも引き物をお渡ししているので金額も少し考慮して商品を選ぶと良いでしょう。

香典返しのいわれ

香典返しはお茶・タオル・陶器・寝具・石鹸などが一般的に選ばれていますが、現在ではカタログギフトなどでお好きな物を選んでもらうような商品もありますので、必ずしもこだわることはありません。
ではなぜ、この様な商品が選ばれるのでしょうか?それにはいい伝えなどのいわれがありました。

お茶 お茶を飲んで、故人を偲ぶというところから、よく用いられます。消耗品なので、相手に不幸がおよぶことを消滅させるという意味も含んでいるようです。
砂糖 仏の世界へ白装束で旅立つという意味で白砂糖が利用されます。消耗品なので、相手に不幸がおよぶことを消滅させるという意味も含んでいるようです。
シーツ・タオル 仏式では、仏の世界へ白装束で旅立つための「さらし」が利用されていました。シーツやタオルはその名残りで使われます。
漆器 不幸を塗りつぶすという意味と、二度と不幸がないように色直しをするという意味が含まれます。
石鹸・洗剤 不幸を洗い流すという意味を含み、また実用品として贈っても喜ばれます。
陶器 昔は死んだ後、土に埋葬されていたところから、人間は土に帰るという意味を含めて陶器が利用されています。
家庭用金物 昔から金物は光るものとして、魔よけに用いられてきました。そのようなところからステンレスやアルミ、銅製品を贈るようになっています。

地域によってお返しの方法が異なりますので、詳しくはお近くの市民葬儀相談センターへご相談ください。

このページのトップへ

運営会社 | プライバシーポリシー |  サイトマップ | 福岡 葬式